目覚めるたび昨日のつづき、それでも未来の夢は語れるはずだ(さとる。)