他人を語るな、自分を語れ(さとる。)

死んでもさ、変化、分解して元素に還るだけ(さとる。)

自然にかなう行為こそ有益なのだ(さとる。)

分厚い氷の下にも水は動き始む 春は近い(さとる。)

その都度、自己を捨て事に仕えるのが仕事なのだ(さとる。)

一面だけに固執するから薄っぺらと言うのだ(さとる。)

魅力的なのは愛を与える人だよね(さとる。)

貯金は使わなきゃ貯まらないのだよ(さとる。)

真実を告げない誠実はない(さとる。)

難題は逃げれば追ってくるだけだよ(さとる。)