嫌う理由など実に個人的なことだ(さとる。)

20130731さとる写真20130731嫌う理由など実に個人的なことだ(さとる。)

なぜ我々はそのことを知らないで済んでいたのだ?(さとる。)

20130730さとる写真20130730なぜ我々はそのことを知らないで済んでいたのだ?(さとる。)

関係性の中でこそ己の確立はある(さとる。)

20130729さとる写真20130729関係性の中でこそ己の確立はある(さとる。)

卑しき職はなく卑しき人あるのみ(さとる。)

20130728さとる写真20130728卑しき職はなく卑しき人あるのみ(さとる。)

時を得れば万物を得らる(さとる。)

20130727さとる写真20130727時を得れば万物を得らる(さとる。)

情のない山川草木に慰められたり(さとる。)

20130726さとる写真20130726情のない山川草木に慰められたり(さとる。)

不幸か貧困か病気の経験は必要だよ(さとる。)

20130725さとる写真20130725不幸か貧困か病気の経験は必要だよ(さとる。)

不平不満は癖になるよ(さとる。)

20130724さとる写真20130724不平不満は癖になるよ(さとる。)

忍耐する心から成る実は芳醇なり(さとる。)

20130723さとる写真20130723忍耐する心から成る実は芳醇なり(さとる。)

夢は大きく行動は細かく(さとる。)

20130722さとる写真20130722夢は大きく行動は細かく(さとる。)