陽は清澄に起ち、荘厳に坐す(さとる。)

20140930さとる写真

20140930陽は清澄に起ち、荘厳に坐す(さとる。)

生きるは己の再発見なり(さとる。)

20140929さとる写真

20140929生きるは己の再発見なり(さとる。)

悟りは絶望より始まるを忘れじ(さとる。)

20170928さとる写真

20140928悟りは絶望より始まるを忘れじ(さとる。)

世の喜びこそ己の幸せ也(さとる。)

20140927さとる写真

20140927世の喜びこそ己の幸せ也(さとる。)

人生の大事は刹那刹那のほかなし(さとる。)

20140926さとる写真

20140926人生の大事は刹那刹那のほかなし(さとる。)

花鳥風月山川草木、一つの非もなく我と共に在り(さとる。)

20140926さとる写真

20140925花鳥風月山川草木、一つの非もなく我と共に在り(さとる。)

見て聞いて触れて感じて、私は私と成る(さとる。)

20140924さとる写真

20140924見て聞いて触れて感じて、私は私と成る(さとる。)

真実の己は一つの形に非ず(さとる。)

20140923さとる写真

20140923真実の己は一つの形に非ず(さとる。)

気品は温潤であるべし(さとる。)

20140922さとる写真

20140922気品は温潤であるべし(さとる。)

物は主なく見よ(さとる。)

20140921さとる写真

20140921物は主なく見よ(さとる。)